【ポケモンGO】横浜イベント『Pokémon GO Fest Yokohama』に行ってきた(臨港パーク)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019年8月6日(火)から8月12日(月)まで開催されている、横浜でのポケモンGOイベント「Pokémon GO Fest Yokohama」に参加してきました!
イベントの概要については、【ポケモンGO】横浜イベント『Pokémon GO Fest Yokohama』に行ってきた(イベント概要)を御覧ください。

なお、本ページは【ポケモンGO】横浜イベント『Pokémon GO Fest Yokohama』に行ってきた(桜木町駅~臨港パーク)の続きとなります。

スポンサーリンク

会場に入るとイベント開始

昨年の横須賀イベントでは、マクドナルドやセブンイレブン等のスポンサーイベント(スペシャルウィークエンド)でもあったように、イベントを開始するには特定のポケストップでチェックインをする必要がありました。

しかし、今回は【ポケモンGO】横浜イベント『Pokémon GO Fest Yokohama』に行ってきた(イベント概要)でも紹介したように、事前にイベントのメダルが送られてきます。
そして、このメダルを持っているユーザーは会場内に入ると自動的にイベントが開始されるので、より楽にイベントを開始できるようになっています。

臨港パークの入り口には、会場の案内板がありました。
この写真を見ても分かるように、今回は会場内に臨時のWifiスポットもあって、モバイルネットワークの速度制限や混雑によるトラブル等にも対応できるようになっています。

臨港パークの案内板
臨港パークの案内板

ここでスマホのポケモンGO画面を見てみると、さっそくいつもと違ったポケモンたちが現れました!

ポケモンGO内での臨港パークの様子
ポケモンGO内での臨港パークの様子

画面にはアンノーンをはじめとしたレアなポケモンたちと共に、今回の目玉であるペラップもさっそく現れたのでいきなりゲットです!

ペラップ出現!
ペラップ出現!

また、画面右下にはウィロー博士の通知も来て、イベント限定のスペシャルリサーチが開始されます。

スペシャルリサーチ開始!
スペシャルリサーチ開始!
スポンサーリンク

会場内の装飾物

臨港パークに入ってまず気が付いたのは、これまでのイベントよりもはるかに多くのパネルやオブジェ等が会場内に配置されていたことです。
これらの装飾物により会場内がますます賑やかとなって、これまでのイベントと比べてさらにお祭り感が出ていました。

公園内を歩いていてまず見つけたのは、もはやイベントでは恒例となったリアルポケストップです。

臨港パークのリアルポケストップ
臨港パークのリアルポケストップ

このリアルポケストップは、これまでのイベントでは単なるオブジェとして置かれているだけのものでした。
それが今回のイベントでは、ポケモンGOのゲーム画面内にも同じ場所にポケストップが配置されています!
そしてこのポケストップの名前ですが、そのまんま「リアルポケストップ」となっています(笑)。

ゲーム内のリアルポケストップ
ゲーム内のリアルポケストップ

この他にも、以前行われたGOスナップショットコンテストの受賞作品がイベント限定の特設ポケストップとしてゲーム画面内に出現していました。
もちろん、これらのポケストップからもギフトを入手できるので、イベント参加の記念としてフレンドに贈ることができます。

一方で、横須賀や台湾のイベントで見られたメモリーレーン(歴代のポケモンGO起動画面)のポケストップについては、今回は無くなってしまったようです。

特設ポケストップ一覧
特設ポケストップ一覧

残念ながら無くなってしまったメモリーレーンのポケストップですが、その代わり今回のイベントではリアルなパネルとして会場内に設置されていました。

メモリーレーンのパネル
メモリーレーンのパネル

また、リアルポケストップと同様にこれもイベントではすっかりお馴染みとなりましたが、会場内には各チームリーダー(ブランシェ、キャンデラ、スパーク)とウィロー博士のパネルも設置されていました。

スパークとペラップ
スパークとペラップ

さらに会場内には、これまでのイベントでは見られなかった写真撮影用のパネルが3種類設置されていました。

写真撮影用のパネル(その1)
写真撮影用のパネル(その1)
写真撮影用のパネル(その2)
写真撮影用のパネル(その2)
写真撮影用のパネル(その3)
写真撮影用のパネル(その3)

なお、上の各写真を見てお気付きかもしれませんが、イベント参加者の多くは建物や木の陰に集まっています。
この日は快晴で雨の心配が無かったのは良かったのですが、逆に日差しが強く気温も30度を超えていたため、日なたを歩くとすぐに汗だくとなってしまうほどの暑さでした。
そのため、このイベント中は自分も日陰から日陰へと飛び移るように移動しながらのポケ活となりました。

臨港パークのすぐ目の前は海で、眺めの良い景色が広がっています。
ですが、この日の猛烈な暑さの影響で、しかも海岸沿いには日光を遮る物が何も無いことから、この辺りを歩く人はほとんどいませんでした。

臨港パーク(海岸沿い)の様子
臨港パーク(海岸沿い)の様子
スポンサーリンク

会場内にある3つのエリア

これも今までのイベントとは違う点なのですが、会場内の装飾物にはポケモンGOのゲームプレイに直接関わってくるものもありました。
冒頭で紹介した会場の案内板にも書いてありますが、今回は会場内に「海のエリア」、「こおりのエリア」、「空のエリア」という3つのエリアが用意されていました。

海のエリア
海のエリア
こおりのエリア
こおりのエリア
空のエリア
空のエリア

これらのエリアの近くでは写真内のポケモンたちを中心に、海のエリアではみずポケモン、こおりのエリアではこおりポケモン、空のエリアではひこうポケモンが、より多く出現するようになっています。

またこれらの他にも、比較的レアなポケモンとしてはピカチュウ(花飾りつき)、イーブイ(花飾りつき)、アローラサンド、アローラロコン、アブソル、プテラ、ミニリュウ、トゲチック、ヒンバス、ポワルン(ゆきぐものすがた)、パールル、ミツハニー、ラブカス、タツベイ等が会場内に出現していました。

会場内で出現したレアなポケモンたち(一部)
会場内で出現したレアなポケモンたち(一部)

【ポケモンGO】横浜イベント『Pokémon GO Fest Yokohama』に行ってきた(赤レンガ倉庫)に続きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました